スポンサーリンク

インドからの飛行機を1時間早く到着させる方法

 

 

朝の6時、7時は北朝鮮からのミサイルの時間。ということに次第に(私は)慣れてしまいました。

心配なのは日本に落ちるか。よりも「飛行ルートの近隣にアメリカ・ヨーロッパの民間航空機が飛行していないか?」です。ニューヨークは午後5〜6時なので、もしアメリカの民間機が危険にさらされて大きく報道されてしまったら、アメリカ政府も軍を動かさざるを得なくなってしまい大変なことになってしまう。という最悪のストーリーも想定されるわけで。。。

 

ちなみに今回も近くにアメリカの民間機は貨物機も含めてナシ。北朝鮮が避けてるのか、事前に漏らしてるのか、どっちでもいいのですが何事もなくすみそうですね。

 

しかし、ミサイルは遥か上空を飛行してたとはいえ、日本海上空をエールフランスとブリティッシュエアウェイズの旅客機が真下の日本海上空を飛んでいたのにはビックリ。特にエールスランスは近くをミサイルが通過とか落下するのは2回目なので穏便に済んだらなぁ。

 

 

☆インドから安倍首相が到着を1時間早められるのか?

ニュース速報がどんどん伝えられた7時台ですが、インドからの飛行機で移動中の総理がどうして、到着を1時間早められたか?ということが話題になった ご家庭が多かったようです。

 

ミサイル発射時点で首相は到着予定時刻まで2時間から2時間半。ここを1時間はやめるって驚きだと思います。

 

全ては予想ですが、まず首相の登場する政府専用機なので、かなり余裕を持ったスケジュールを組んでいることが予想されます。おそらくここで40分ほど早まります。

次に高度を40,000ftまで上げてエンジン出力上げて効率を上げて5分短縮。

最後は台風の影響を想定して遠回りを強いられるための時間短縮と、最短ルートを管制に申請することで15分の短縮。

 

これで合計60分。実際にはもっと イロイロな技があると思いますが、概略はこんなところかと思います。

 

飛行機に頻繁になってると、様々なことが気になりますね。

 

ともあれ、平和が一番ですね

 

【SFC修行の教科書】台風が沖縄に近づいたら遅延や搭乗口変更や目的地変更に注意しましょう

 

 

台風18号石垣島沖縄本島の間を通り抜けて、東シナ海に位置しています。これから(もしかすると)奄美大島近くをとおり、九州〜本州を通り抜ける予想が発表されています。

 

このような時、台風が位置する場所の近くを離発着する便を利用する方は当然、遅延や欠航リスクを心配されると思いますが、実は遅延や欠航のリスクは全国に広がっているのです。

 

 

☆台風の影響を避けて飛ぶために飛行時間が長くなる

台風から近くなくても飛行中の機体に影響するんです。飛行ルートは「なるべく揺れないように」ということも考慮して事前に決めるだけでなく、機長・副機長の判断で管制へ飛行経路の申請をして、なるべく揺れの「少なさそうな」ルートを選んで飛行しているのです。この点が電車とは大きく違う点ですね。

揺れが少ないルートを選択すると飛行距離が長くなり、それに伴い到着も遅くなりますので、修行の場合は乗り換え時間には余裕をもって。出張の方なども遅れることをあらかじめ予測しての行動をお勧めします。

 

 

☆豪雨・強風となると着陸できなかったり、地上作業ができないために飛行機から降りられないことも

昨日も台風は沖縄方面なのに、関東で暴風や豪雨となることもありますね。

「滑走路が封鎖されて着陸できない」

ということは誰しも予想されて、理解しやすいですが、無事に着陸しても「安全対策のため」地上作業員の方々へ作業中止命令が出ているために飛行機がスポットへ到着しても地上作業ができないためにボーディングブリッジを接続する作業をはじめとする作業ができないために、目的地空港へ到着したものの飛行機から降りられないという事態も珍しくないことなので、慌てないよう心の準備が必要です。

 

☆小さな遅れが積み重なって遅延が多発

飛行機は1日に数区間を飛行しますので、少しの遅れが積み重なると最初は10分ほどの遅れだったとしても最終便の頃には大きな遅れとなり、夕方には30分遅れの便が散見されることも珍しくありません。

近年は経営の効率化の一環で到着〜出発の間隔をギリギリまで縮めているのでその分、遅延が起きやすいという背景もあります。

 

 

羽田空港など大きな空港では急な搭乗口変更がおこることも

これは搭乗口が多く、ぎっしりスケジュールが詰まっている羽田空港に多い話なのですが、遅延が始まると定刻通りに飛んでいる飛行機もあれば、遅延している飛行機もあるために予想している搭乗口がたの飛行機で使われているために、搭乗口の変更が頻発してしまいます。搭乗口で待っている方も、ラウンジにいる方も、注意が必要です。特に直前に空港へ到着する方は案内板で最新の情報を確認することをおすすめします。

 

これはANAで空港は羽田空港に多いことなのですが、遅延があまりに大きくなってくるとシップチェンジ(機材の変更)をすることがあります。搭乗客としては「搭乗口の変更」と変わらないのですが、現場はバタバタです。少しピリピリした空気を感じるかもしれません。

 

 

☆午後7時以降の便では大幅な遅延が発生することも

飛行機って1日に数区間のフライトをするために、最初は15分程度の遅延だったとしても最後のフライトである午後7時以降の便は大幅な遅れになることもそう珍しいことではありません。

特に要注意なのが、新千歳や羽田行きの22時以降に到着予定の便は24時を過ぎてからの到着すことがあるので 要注意です。終電、終バスがないと帰宅できませんからね。

 

伊丹空港のように門限がある空港は目的地変更も

これは伊丹空港を頻繁に利用する方には有名な話なのですが、「門限」がある空港が少なくないのです。条例とか、地域住民との協定とかイロイロな事情があるそうですが、伊丹空港の門限に間に合わない場合は関西国際空港へ目的地変更することが多く、そのほかの地方空港も場合によっては目的地変更を強いられる場合がありますので、注意が必要です。

しかし、伊丹空港は比較的近くに関西国際空港 があるので門限を遅くしてくれることは滅多にありませんが、地方空港の場合は航空会社が申請をして「x時xx分までならOK。場合によっては相談を」という条件を提示している場合が多く、搭乗客に地域住民が含まれているから故の対応もありますので「車での送迎」のかたは運行情報をこまめに確認することをお勧めします。

 

 

というわけで、飛行機は天候に影響を受けやすい乗り物なので、それを理解した上で利用することにより、不意に慌てずに済みます。参考になったら幸いです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【速報】ダスティさんが経営するレストランの店名が解禁になりました!!

 

 

まずは速報を。

(詳細はじっくり書きますね。といっても私のことですから、荒削りですがw)

 

本日朝、ダスティさんがご自身のお店の名前を公開することを決断し、Twitter上で発表しました!

 

そして、間髪入れずに こんなTweet

さすがダスティさん。

朝からゲスさ全開です。

商売上手ですね(^^;;)

 

ダスティさんのお店は門前仲町にある「IL ZELANTE」というお店。

門前仲町交差点から月島方向に5分ほどのところにあります。目印は川をわたってすぐ右側です。

 

難点はUBER永代橋渡って行くときにUターンしなくてはいけないので、車両がクラウン、アルファード以外の時は一発でUターンできないかも〜。と冷や汗を書くことです 笑。

毎回「ここからウインカー出していただいて〜、この車なら一発でUターンできる幅なので大丈夫です!!」といいつつ運転してもらうのが恒例です 苦笑。

 

ダスティさんのカミングアウトに備えて、実はUBERさんにお願いして「IL ZELANTE」と入力していただいたら到着できるようにしてありますので是非、ダスティさんのお店(ルイーダの酒場)IL ZELANTEへ行く時はUBERをご利用ください。迷うことがありません!

UBERに興味ある方はクーポンコード uberubertyo で初回割引になります。よかったら使ってみてくださいね。

 

IL ZELANTE

食べログIL ZELANTE

 

 

【注意】iPhone 8 /Plus は海外で購入すると後悔する可能性大です

iPhone 8の仕様が続々と公式発表されてます。

海外で本気で使いたい方、海外で購入して日本で使いたい方が注目するのがLTEバンド情報。

実は同じiPhoneでも、複数のモデルナンバーが存在して、それぞれカバーするバンド帯が異なるんです。

 

 

 

まず、AppleLTEバンド帯 情報。

https://www.apple.com/iphone/LTE/

 

もうひとつ、こここら読みとれるのが、「iPhone 8 Familyは日本だけモデルナンバーが別」ということです。これはiPhone 7も同様ですが、海外で購入したiPhoneを修理するときに時間がかかる可能性大ということです。

 

【追記】

海外モデルでLTEバンド21がカバーされていないという情報をいただきました。

海外でiPhoneを購入する際はご注意くださいね。

 

 

参考になりましたら幸いです

 

 

 

 

 

【SFC修行の教科書】PP単価より「費用の総額」に注目しましょう!

スポンサーリンク

 

 

 

SFC修行とかANA修行などの上級会員になるために飛行機に乗るということは、ひと昔まで航空ファンのジャンルのひとつとされてきました。

 

そこへ最近「陸マイラー」から火がついて上級会員を目指す人が増え、その方達が参考にしたのが航空ファンの方々の情報。そのために、航空ファンが自身がどれだけ効率的なルーティングをしたかを自慢するために生まれた言葉が「PP単価」です。

※PP=プレミアムポイント

※PP単価=プレミアムポイントを1獲得するために費やした費用

 

航空ファンの方々はコアになればなるほど宿泊は最低限にとどめ、効率重視だったり搭乗したい機材のことただけを一番に考えて計画する方が多いのが特徴。たくさん搭乗したいのでコスパは最重要課題です。

 

それと比べると陸マイラーの方々はPP単価をかなり意識する一方で目的地では観光を楽しんだり、長期滞在したりと様々な楽しみ方が紹介されています。

そうなってくると飛行機代の他に宿泊費をはじめとする現地滞在費用が無視できない金額で加算されるので、それらの費用込みで計画を立てないと途中で予算がなくなるという悲しい状態になってしまいます。

 

これから航空会社の上級会員になるためのSFC修行、JGC修行を始める方に意識してほしいことを書いていきます。先輩修行僧さんのブログを見る時、アドバイスを聞く時の参考にしてくださいね。

 

コスト重視なのか観光も楽しむかをハッキリさせる

「コスト重視」「観光重視」の二者択一ではありませんが、

例えば。。。

 

・上級会員になるためのフライト・旅程をコスト重視にする

・上級会員になるためのフライト・旅程に絡めて観光を楽しむ

という考え方の他に

・上級会員になるためのフライト・旅程のうち、2月の沖縄と9月の北海道は2泊程度滞在して観光も楽しむ

 

という様に臨機応変に観光も楽しむというのもオススメです。

といいつつ、私はフライトやラウンジが好きなので基本、空港からでないのですが(笑

 

 

PP単価や航空運賃の総額ではなく、費用総額を意識する

SFC修行、JGC修行(ダイヤモンド修行もありますが...)を終えた方の総括のブログでは「PP単価」「FOP単価」「航空運賃の総額」はよく見かけるのですが、ホテル代などの現地滞在費や自宅から空港までの交通費(特に空港まで遠い方)など上級会員に到達するまでに支払った総額について言及しているブログは少ないで、ご自身の予算計画を作成する際は注意が昼用です。

※FOP=JALの上級会員になるために集めるポイントの単位 

 

総括のブログで航空運賃の総額までは綺麗にまとめることは比較的容易ですが、宿泊費などの他の費用を計上していくと生々しさが滲み出てしまい格好悪くなりやすい。という舞台裏の事情も伺えます。

なので、ご自身の上級会員になるためのSFC修行計画(JGC修行計画)を建てる時には宿泊費、食費、空港までの交通費込みで xx万円というように大枠を決めてから計画して行くことをオススメします。

 

上級会員になるためのSFC修行を総額で考えると、50万円未満で終了されている方は かなり少ないのではないか。と感じます。2017年は海外発券とか国際線を利用したSFC修行をした方が多かった印象ですが、皆さん現地で有名ホテルに2泊ほど宿泊されているので宿泊代、食事代だけを考えても「総額」としては無視できない額になるので、これからSFC修行される方は注意が必要ですね。

 

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

【SFC修行の教科書】私が使っているPP単価一覧表(国内編)を公開します

SFC修行でよく話題になる「PP単価」

ANAの上級会員のひとつSFC(スパーフライヤーズカード)を手に入れるために皆さん少なからず意識する数字です。

 

PP単価とは「プレミアムポイント(PP)を1ポイント獲得するために必要な費用」ですね。

 

たまに「羽田ー那覇は2,860PPで。。。」と暗記されている方がいますが、無理して覚える必要はありませんよ。私、びーすりーは「まったく!」覚えていません 笑。

しかし、たくさんお金があるわけではないので「PP単価一覧表」を作成してコストパフォーマンスを意識しています。

 

私の場合、国内線で発券するときは「PP単価10」を意識します。

それ以上なら必要に迫られない限り発券しない。

PP10未満なら電卓でPP単価を計算してどれくらいお得なのかを計算する。

(実際には主要路線・主要運賃のEXCELシートがあり、そこへ値段を入力するだけです)

という思考回路です。

 

と、いうわけで第1回目の今日は「PP単価10」の一覧表です

 (JPEG画像なのでコピーして使っていただいて大丈夫です。画像の無断使用はご遠慮ください)

 

f:id:B737-800_2K:20170911092039j:plain

 

実際に私が使っているものをベースに3レターコード(HNDなど)を漢字へ変更、少し見やすくレイアウト変更したものです。

この表のポイントを紹介します。

 

・一軍、二軍、その他路線と自分の中で分けて考えている

 空白の行が2つあることに違和感を感じられたと思います。

 最初がPP単価の良いチケットが多い路線、次がそれに準じる路線、三番目が」検索したついでに記録しておこう」程度の路線です。

 カテゴリーわけすることで自分なりですが、探しやすいというメリットがあります。

 

・よく利用する運賃を絞る

 運賃のバリエーションってあまり利用しない運賃も含めるとたくさんのバリエーションがあります。しかし、ANAの上級会員になるためのSFC修行において私がよく使う運賃は「プレミアム旅割28」と「旅割75」の2種類ですので、その2つに絞っています。右端に「海外乗継」のプレミアムポイント(PP)を書いてあるのは6月から海外発券を始めた関係で目安としてプレミアムポイント(PP)だけ記載しているのがポイントです。

 

ここで「PP単価10がすべてなの?」という疑問が出てくると思います。

実はもっと意識した方が良いことがあるんですけど.....

これについては次回に書いていきたいと思います。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

【SFC修行の教科書】びーすりーが海外発見する時の頭の中を披露してみる

スポンサーリンク

 

 

今年はTwitterでつながっている方が、国際線を利用した上級会員になるためのSFC酒豪、もとい修行をされたり、中には海外発券をされる方も少なくないという珍しい年に感じます。

 

海外発券をするためにはスタート地点まで何かしらの手段で行く必要がありますが、今日はそのあとの海外発券の部分です。

 

というわけで私、びーすりーが海外発券をする時の頭の中を公開します。

 

==背景==

今年の6月からクアラルンプール発券を始めました。いわゆる「海外発券」というものです。例えば「クアラルンプール発券」は本来クアラルンプールに住んでいる人向けのチケット(そうとは限らないんですけどね)を日本に住んでる びーすりーが買う。というものです。もっと簡単にいうとスタートとゴールを海外の都市にする。ということです

 

その中でもクアラルンプール発券はANAの上級会員(SFC修行)になるためにプレミアルポイント(PP)を集めている人にとってはコストパフォーマンスが良いことで有名な路線です。

 

と、いうわけで びーすりーも6月からクアラルンプール発券を始めました。

 

 

==今回は複雑な事情==

なぜ、今回、今となっては溢れている海外発券の記事を書いたか? というと、羽田ークアラルンプール間の飛行機が、私が楽しみの機材が、B787-900からB787-800に機材変更になってしまいました。

何が違うの?

って思いますよね。

びーすりー はマイルやアップグレードポイントでエコノミークラスからビジネスクラスへアップグレードして貰うんですが(枠が空かないとアップグレードできません)、そのビジネスクラスのシートがB787-900のフルフラットタイプからB787-800のクレードルタイプへ降格してしまったのです。

羽田→クアラルンプール便は深夜出発の早朝到着。フルフラットの方が断然楽ですね。更にB787-900のフルフラットシートは座席横に物置のスペースがあるので快適に過ごせるのです!

 

そこで考えたのが、クアラルンプールに比較的近いシンガポール乗り換えで往復する方法。

思い立ったら検索です。

 

 

==まずは検索==

 迷ったら検索。ですね。

今回は直行便とシンガポール経由を比較するため、まずは羽田ークアラルンプール直行便の検索から。びーすりーは那覇空港の寿司屋さんが好きなのでオマケに羽田ー那覇の往復をつけます。こんなことができるのも海外発券の楽しみですね。

アップグレード可能運賃を出すために「変更可能運賃」を選びます。

f:id:B737-800_2K:20170909103535j:plain

こんな感じですね。スマートフォンiPhoneでもいいんですが、びーすりーが本気で探すときは断然パソコンを使います。少し条件を変えて検索するときはパソコンならすぐできますので。

 

結果はこんな感じ。

f:id:B737-800_2K:20170909103546j:plain

 しっかりと機材(飛行機)はB788 (B787-800)と書かれてます。約96,000円。

 

次にシンガポール経由を探します。

《ここでは入力画面を省きます)

f:id:B737-800_2K:20170909103554j:plain

 同じ条件であるエコノミークラス、予約変更可能でも良いのですが、今回のケースはプラス1万円でプレミアムエコノミー(プレエコ)のチケットになるので、プレミアムエコノミーを選択します。プレミアムエコノミーの方がもらえるプレミアムポイントが多いのです。しかも予選によってはプレミアムエコノミーの方がプレミアムポイントを目当てだとコストパフォーマンスが良いことがあるのです。

約106,000円。なんとか許容範囲内です。

 

さて、今度はプーミアムポイントのシミュレーションをしてくれるANAのサイトでじっくり調べます。シンガポール=クアラルンプール間のシルクエアの部分はあてにならないので調べてません。

 

こんな感じで入力

f:id:B737-800_2K:20170909103602j:plain

 で、結果発表。

これを繰り返して集計します

f:id:B737-800_2K:20170909103612j:plain

 

 こんな感じで集計

f:id:B737-800_2K:20170909103719j:plain

※3レターコード

KUL クアラルンプール

HND 羽田

OKA 那覇

SIN シンガポール

 

こんな感じでまとめます。

上が羽田ークアラルンプール 直行便

下がシンガポール経由です

 

持ち出しの費用は直行便が安いですが、シンガポール経由はPP単価が安いし、ビジネスクラスがフルフラットというメリットもあります。

 

ここまでまとめても スッキリした答え出ませんね〜。 今晩もビール飲みながら一人会議です(^^)

 

 

広告でゲス