スポンサーリンク

福岡にSUITE LOUNGEができるかも

ANA

・9/13に新千歳のANAラウンジの広さを2倍、SUITE LOUNGEを新設。

・10月下旬から羽田ー新千歳、伊丹、福岡、那覇路線のプレミアルクラスでの食事の改良。

 

と、改良ラッシュですね(^^)

すると、

 

「羽田ー福岡路線は食事改良なのにSUITE LOUNGEがないのはなぜ?」

 

(見栄っ張りな福岡市民は)SUITE LOUNGE を新千歳や那覇に作っておいて、どーして福岡ないんだ!

 

って声が出てくるのは容易に想像つきます。

なぜか?

福岡空港って大規模リニューアル工事が真っ盛りなんです。今現在、ANAラウンジが2箇所設置してあり、数だけでは羽田同等ですwww

まだまだ工事している部分があるのでしている部分があるので来年度あたりSUITE LOUNGE作りました♡ なんてニュースが出てきてもおかしくない状態なんですよね。

 

SUITE LOUNGEは基本DIAMOND メンバーが利用できるスペースですが、JAL福岡空港のラウンジは来年度攻めてきそうな予感なので、来年は福岡が熱くなりそうです(╹◡╹)

JAL無視から「追いかける」へ転向

先程、ANAからプレスリリースが届きました。

その中で今回注目する内容は

 

・一部路線でプレミアムクラスの食事を改善

 

です。

「一部路線」とは羽田と新千歳、伊丹、福岡、那覇路線。JALの国内線ファーストクラス設定路線と一致してますね。

JALより1,000円高いのに、内容はJALより劣ると言われているANAのプレミアムクラス。私は経営破綻したJALを避ける富裕層はANAを選ぶから食事の改悪はあっても改良はないだろう。と踏んでいただけに驚きでした。

もうそろそろJALの経営破綻による禊が終わると言われている今、ANAは顧客離れの危機を感じているのでしょう。内容はローンチしてからのおたのしみですね。

 

ANAJALを追いかけるって最近は滅多に行っていない事ですが、それを行う。ということは次第にサービス向上が期待できるかもしれませんね。

 

サービス向上も嬉しいんですが、20年以上飛行機を使い続けるのをJALより先に進めて欲しいものです。B777-200, 300, 300ERの更新はB787-10とB777-X待ちなのでしょうが、繋ぎで格安でB777-300ERを追加購入してB777-Xはローンチ3年目くらいの導入が利用客の私としては嬉しいんですが〜。。。

ANAから不幸の手紙!?

f:id:B737-800_2K:20170821204206j:image

 

飛行機に乗るのが好きな方の多くがこだわるのが「機材」や「シート」ですね。

古い機材より新しい機材の方が嬉しいし、ビジネスクラスなら「フルフラット」になるシートの方が嬉しいですね。

 

実は某日、羽田ークアラルンプール便で8月からB787-9の機材になり、フルフラットのシートになるというのを狙って(さらにお話しするとエコノミーからビジネスクラスへのアップグレードを狙って)いたのですが、今日ANAから「不幸のお手紙」が。。。

 

内容は機材が変更になることに伴って座席が変わったから確認してね。というものなんですが、B787-9からB787-8へ変更に。お目当てのビジネスクラスのシートもフルフラットのスタッカード配列からライフラットの横並びへ。これは正直ツライです。

 

さて、アップグレードされなければ体験は変わらないですが、この変更点はとても大きいです。

やっぱりJA739A(B737-9)が羽田→成田のフライトの後から記録がないので急に調子が悪くなってしまい、その影響を受けているような気がするんですよね〜。もう少し機材に余裕ができるといいのに。と思ってしまう今日この頃でした。。。

 

再びB787-9に戻らないかな?

発券は急げ!

9月の札幌への帰省です。

「片道12,000円予算で見ておけばなんとかなる」

と思ってたんですが、それは45日前までの運転で、いざ発券しようとすると一番安くて片道25,000円Σ(゚д゚lll)  

あれれ〜?  

そうです。45日を切ってしまったのでした。

仕方がなくプラン変更。往復共に特典航空券での発券です。ANA便なので久しぶりに羽田空港のSUITE LOUNGEが楽しめそうです(^^)

新千歳空港にANAのラウンジが9/13にリニューアルオープン

ANAのプレスリリースは少し前から出てたんですが。。。

春先から工事中だったANAラウンジがリニューアル オープンします。9/13水からオープン。しかもSUITE LOUNGE もできると発表されてます。

今まで狭くて羽田便と伊丹便が重なると席がない状態になることで有名な新千歳空港ANAラウンジ。サクララウンジとDPラウンジがけっこう広いので、少なくとも同等、できればそれ以上であってほしいものです。

 

私もSUITE LOUNGE を体験したいので9月中で行ってみようと思います。

実は発券したんですが、ドジしたり、マイル買ったりしてしまいました。詳細はまた今度書きます

特典航空券がオトクとは限らない

特典航空券というと、オトク、お金かからない、というイメージがあると思いますが、普通にお金を払って買ったほうが有利な場合もあります。

 

たとえば。。。

 

☆例1 国内線の45日より前の運賃

羽田ー新千歳の片道マイル数は7500マイルなんですが、45日前の最安値は約1万円。その人の価値観によって判断が分かれるラインです。

ただ、有償の運賃は変更不可能であるところが特典航空券より不利な点。その点を踏まえて発券したいところですね。

 

 

☆例2 国際線のバーゲン運賃

東京ーバルセロナがエコノミー往復で50,000円というキャンペーンを8/17現在ターキッシュエアラインが行ってます。一方、ANAのマイルでスターアライアンス加盟会社のエコノミークラスは6万マイル。しかも成田発着の直行便が出てこず、韓国か中国経由になってしまうというルーティングも少し不利な旅程となってしまってます。実はこれだけでなく、追加で支払いが必要です。空港施設利用料金や燃油サーチャージで4万円近くかかってしまうのです。そうすると、「マイル使うのもったいない」となるわけで、少しだけ調べてみる価値はあると思います。

ここまでくると特典航空券のメリットがかなり薄いです。強いてあげるなら万が一乗り遅れた時に特典航空券の方が予約クラスが上なので有利な提案があるかもしれません。 このシチュエーションの場合、自分の過失による乗り遅れは安いチケットでは救済策はほとんどない場合が多く、正規料金でチケットを買うことになりそうです。

 

 

では、どういう時に特典航空券が有利か?

他のブログでも散々 みてるとは思いますが、ビジネスクラス、ファーストクラスのチケットは取りにくいというデメリットがあるものの、普通に発券するより有利な条件です。

 

いかがでしょうか?

ブリティッシュ・エアウエイズの4500aviosで国内線ある程度までなど、私がお金を払った方が有利と発言したシチュエーションでも航空会社によってはマイルの方が有利な場合がありますので安心しすぎないことを推奨します

 

 

参考になりましたら幸いです

安いチケットはどうなの?

いま、訳あってターキッシュエアラインズのwebサイトを眺めています。

マルタまで往復48,000円、マドリッド往復49,000円と魅力的な値段が列挙されています。飛行機代を安くできたら、そのぶんホテルを豪華にしたり、滞在を増やしたりと妄想が広がりますね。

 

職場でもよく「xxxxxへのいいチケットない?」って聞かれます。

そんな時の私の考え方を。。。

 

 

☆航空会社のステータスを持っていなく、年2回以下の海外旅行のかた

このカテゴリーの方達は正直、どこのチケットを買ってもほとんど変わりません。最安値のチケットに挑戦するのもいいでしょう。ただし安いチケットは座席指定ができなかったり、いろいろなサービスのダウングレードがありますので、ご注意ください。

デメリット:自分が集めている航空会社のマイルがたまらない可能性大であること。といっても運賃クラスがかなり下なので、マイルがつかない料金であることがおおいですよ。ということも添えさせていただきます。

 

 

☆航空会社のステータスを持っていて、ラウンジ利用資格のある方

このカテゴリーのかたはできることなら、ANAならスターアライアンスJALならワンワールドの航空会社を選ぶと満足度が高いでしょう。ラウンジが使えたり、手荷物の重量緩和の恩恵を受けられますからね。例としてはJALのステータス持ちの方がワンワールド加盟航空会社便で香港から飛ぶときには快適なキャセイ・パシフックのラウンジが利用できるので快適に移動できますね。

デメリット:目的地によってはその国の代表航空会社以外とか、他のアライアンスは扱いが雑。というハンデがあります。私はANA贔屓ですが、ターミナル1のスターアライアンスラウンジは不便でオススメしません。第一ターミナルという時点でテンション下がります。

 

 

☆航空会社のステータスを持っていて、それがダイヤモンド級の場合。

このカテゴリーの方はアドバイス不要ですね。

たいていの方は迷わず贔屓にしている航空会社の便でハブ空港まで飛んで、そこからアライアンス加盟会社便で目的地まで飛ぶことで、マイルとポイントの二重取りを狙いますね。最上位の会員資格を維持することで、本拠地の空港でSUITE LOUNGEやFIRST LOUNGEなどの上のクラスのラウンジ利用資格を得られますし、そのフライトでもラウンジを利用したりシートのアップグレードをしたりと有利ですからね。

 

 

というわけで、万人に勧められるチケットはないよ。というお話でした。

ステータスを手に入れると有利である一方、経路によっては直行便が就航していないケースも多く旅が遠回りになってしまいます。ステータスやマイルを旅行より優先して考えるのは、航空旅行好きの中でも一部のマニアですから、臨機応変に作戦を変更した方が、良いと思います。

 

では、

広告でゲス