読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

2レグ目、山形ー羽田 バレンタイン・フライト

f:id:B737-800_2K:20170214200856j:image

 

制限エリアの売店もなくビールも飲めない待合室で登場を待っていたら。。。Twitterより情報が

 

ANAではチョコレートもらえてますが、JALで貰えた方いますか〜?」

 

のコールが!

うん、こちらのJ-AIR便ももらえなかったな〜

と思っていたところ、搭乗口を通過して飛行機に乗り込む直前のところでグラウンドさんが乗客全員に「バレンタインの贈り物です!」と配っていらっしゃるではないですか!

もちろん、いただきました〜  ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

しかも、それだけではありません、

機内に入ると「おかえりなさいませ、びーすりー様」

と名前付の羞恥プレイまでいただきました。

オジサン感激です。

往復、前方でスーツ姿の社畜さんたちの中に唯一ラフな服装、しかも往復搭乗。キモイですねー。そんなオジサンを温かく迎えてくれて涙です!

 

更に、眼下の夜景を楽しみながらブログの執筆をしていると、飴ちゃん🍬タイムで、飴を頂いた時、

「びーすりー様、心温まるお手紙ありがとうございます。今日のフライト楽しまれてますか?」

と優しいオコトバ。

 

その後の夜景は更に綺麗に見えました!

 

加えてJ-AIRの魅力を書くと、安全の説明が昔懐かしい実演によるものなんです。「ふーっ」ってやつがナマで見られるんですね! 似た路線の小松便はビデオなので、夜景は小松便の圧勝ですが、CAさん鑑賞?はJ-AIRの圧勝でございます!

 

ぜひ、A-AIRにも乗って見ましょう!

JAL回数修行って最高ですね〜  ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

(この文章は山形ー羽田便の機内で執筆しました)

1レグ目、羽田ー山形

f:id:B737-800_2K:20170214184106j:image

 

このフライトも羽田ー小松便の次にオススメの夜景フライトとなりました。

 

リムジンバスで羽田空港へ到着。しかし、降りたターミナルは国際線ターミナル。しかし、出国はしません。これから国際線で、ステータス修行するために自動ゲートにて入出国したいからです。

 

入国審査で「何度も入国しないで帰ってきてますね〜」とお小言言われたくないもので。。。CAさんからの周知プレイは大歓迎ですが、法務局からの周知プレイはシャレになりませんので、、、

この体験は後ほど書きますね。

 

気づいたら定刻まであと30分。やばいです。

慌てて連絡バスへ乗り込み第1ターミナルへ。

訳あって今回は搭乗券が必須なので、カウンターにて発行してもらい、保安検査へ。保安検査も堂々と優先レーンで通過です。

 

無事に機内へ。E170と時刻表には記載されている機体なのですが、B737が、2列座席になったくらいの感覚です。機内持ち込みは「なるべくご遠慮ください」的な機体ですね。

 

羽田空港にて移動中はいつも登場している他の機材が大きく見えて迫力がありました。

離陸後も、低い高度を保つので、東京〜関東圏の夜景を楽しみながらのフライトになりました。羽田空港山形空港の座席はA席がオススメですね。

夜景がたっぷり楽しめます。しかも二人席なので、二人の世界が全開です。邪魔者はいません 笑

 

ぜひ搭乗をオススメします!

 

(この記事は羽田ー山形便の機内でかきました)

4レグ目、羽田空港へ

f:id:B737-800_2K:20170214162113j:image

 

お散歩もこのフライトが最後。小松ー羽田です。

帰りも安定の非常口席を確保。だったのですが、今回は非常口席の窓側、通路側全て埋まっている状態でのフライトできた。2つお隣の綺麗なご婦人とオーバーヘッド コンパートメントの取り合いになってしまいました 笑

 

帰りのフライトも小松空港上空で何度も旋回しながらの上昇。景色が綺麗でした!おそらく、細かく管制官から指示されているのでしょうか、お互い大変ですね。お疲れ様です。

 細かいこというと、小松上空って気流が安定していないようなので、パイロットさんにはキビシイでしょうね。おつかれさまです。

 

もうひとつ、この区間のポイントは高度が低いということ。詳しくデータを見ていませんが、低いところを飛び続けるフライトで、晴れて入れば夜景が楽しめて、デートにはもってこいの区間ですね〜 笑

 

ドメ専門のびーすりー が自信を持ってオススメします!

 

では!

(この原稿はリムジンバスの中で、iPhone7plusでかきました)

 

3レグ目、小松空港へ

f:id:B737-800_2K:20170213201015j:image

 

羽田空港にて、第2ターミナルから第1ターミナルへ移動して、JAL便で小松空港タッチです。小松空港Twitterで繋がっている方のベースであることから興味がありました。本当に「マジ基地なのか?」ということ。

 

さあ、オホーツク紋別からの飛行機を降りた時にiPhone無くした!」と慌てたのはナイショ。実はカバンの中に入っていました。諦めかけてドコモショップに10分ほど滞在したら第1ターミナルにiPhoneがある表示。「自分が持っている」ことに気づき再度捜索して救出しました。

 

第1ターミナル、23番スポットから搭乗。保安検査を受けるときは「搭乗前に鮨食べよう」と思っていたのですが、鮨はターミナルの反対端。諦めました_(┐「ε:)_

 

さて、機内へ。大好きなB737です。

ノンステータスなので、せめてもの抵抗で非常口席を確保しました。足元ひろびろ〜٩( 'ω' )و

 

非常口席なので恒例の「協力の確認」の時にJALおなじみ「出身地どこですか〜?」と お聞きし、せっかくなので。と、全員分くださりました。私の地元、北海道の赤札をもらえて嬉しい!!

 

しばらく 大人しくしているの「帰りの便もご一緒なんですね〜」と二人のCAさんから羞恥プレイをいただきました。知らないのはチープのみだったようです 笑

 

小松空港へ近づいて驚いたのは低空域で何度も旋回して綺麗な夜景を眺めながら着陸すること。K席だったのと、風向きが良かったのかもしれません。

あと、なんていうんですかね〜、ちっちゃくて素早く動くヒコーキがぴゅんぴゅん飛んでいるんですよ。穏やかではない時期とはいえ、ビックリでした。

 

そうこうしているうちに小松空港へ到着。約40分間の滞在。何ができるか調査です。

 

2レグ目、羽田へ

f:id:B737-800_2K:20170213191216j:image

 

さて、一番楽しみにしていたオホーツク紋別ー羽田便です。飛行機は降下時より上昇時の方が低い高度の時間が長いので、流氷を楽しみにしていた びーすりー にとってはメイルイベントです。

 

機体の着氷を防ぐディアイシングに時間がかかり目をつぶったら、あら、もう離陸してるじゃないですか!!!  あちゃー見逃した〜( T_T)\(^-^ )

と、思っていたら、1分ほどですが、雲の切れ目から流氷を見ることができました〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

ホントに嬉しかったです。

そのあとは眼科に雲の世界。お酒飲んだり、ブログ書いたりでした〜

 

f:id:B737-800_2K:20170213185050j:image

 

【コラム】航空機遅延補償

f:id:B737-800_2K:20170213155828p:image

 

先日JAL山形便が雪のために欠航になったために航空機遅延補償を申請したお話です。

 

 

●航空機遅延補償とは?

文字通り、飛行機が遅れたり、欠航した時に損失を「一部、規約の範囲内で」補償してくれる保険です。

ゴールドカード以上のカードについていることが多い補償です。

 

●カードによっては「国際線のみ」と「国内線・国際線両方」があります。

全てのカードが全ての遅延を補償してはくれないのです。各カード会社へ問い合わせましょう。

びーすりーが所持しているカードは。。。

 

ANA JCBゴールドカード

ANA VISAゴールドカード

JAL JCBゴールドカード

JCB ザ・クラス

 

の4枚。アメックスは持ってますが、これを入れると話がややこしくなるので除外します。

 

ここで4枚全て「国内線・国際線の両方が対象」なのです。しかし、ANA  VISAゴールドカードからは 今回の場合 補償を受けられませんでした。

どうしてでしょう?

 

●「自動付帯」と「利用付帯」があります

VISAカードは「利用付帯」

JCB カードは「自動付帯」

でした。

 

  ※利用付帯・・・そのカードで航空券を購入した時のみに補償が適用されます

 

※自動付帯・・・このカードで航空券を購入していなくても補償が適用されます。

 

実は今回、支払いに使用したカードはアメックス(国際線のみの利用付帯)だったので、VISAカードは補償をしてくれなかったのです。

と、いうわけで今回はJCB の3枚のカードが欠航になった補償をしてくれることになりました。

 

●3枚分の補償を受けられるの?

 

これ、カード会社によって異なるのでご注意ください。

JCB の場合は1枚あたり2万円。

・3枚持っていたので限度額は6万円ということになりました。

 

 

●いつから、いつまで補償をしてくれるの?

 

これ、初めて知ったことなんですけど、出発空港の場合、「欠航を知ってから帰宅するまでの分が適用される」(損保ジャパンの場合)そうです。

 

ちなみに、帰宅していない場合は帰宅するまで、または振替え便に搭乗するまで。が補償対象になります。

え? びーすりー の場合ですか? 実は奥さんの事務所に泊まってパソコンのメンテナンスをしていたので「帰宅していない」だったので、二日後の山形便までが補償対象としてくれました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

●補償内容

 

ここ、大切です。間違えると大損害ですからね 笑

JCB の場合ですが…

 

1.出発空港での欠航の場合は帰宅までの食事代

2.旅行途中での欠航、4時間以上の遅延は待った時間に食べた食費と宿代

 

となります。

必ず領収書を貰うことがポイントです。会社の経費精算と同じですね。

 

 

●事前に補償内容を把握していることが大切です

 

補償内容はカード会社によってわずかですが異なるので、時間がある時に規約を調べておくこと、気になるのとがあったら引受会社(たいていは損保会社)に問い合わせることが大切です。「こんなはずではなかった!」という損害は避けたいものです

 

わからないことがあればTwitterでも、コメントでも質問してくださいね。できる限りお答えします

 

 

オホーツク紋別 到着〜流氷見られました〜

f:id:B737-800_2K:20170213131808j:image

 

流氷って地味なんですが、北海道出身なのに一度も見たことなかったので、嬉しくてたまりません٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

さて、この感じだと帰りの便は更によく見られそうです。嬉しい〜٩( 'ω' )و

 

オホーツク紋別空港に到着です。

着陸3分前から雲の下に出ることができ、念願だった流氷を肉眼、カメラで楽しむことができました。

f:id:B737-800_2K:20170213131948j:image

 

 

広告でゲス