スポンサーリンク

どーしてステータスが欲しかったの?

スポンサーリンク

f:id:B737-800_2K:20170725065159j:image

 

香港の空港です。

時刻は朝6時。

ラウンジの開店直後に入って、炭酸水でカラカラの喉を潤しホッと一息です。

 

ふっ、と昨年の3月のメルボルン旅行、バンコクの空港でのエピソードがきっかけで本気でステータスを取りにいったことを思い出しました。

 

バンコク発ーメルボルン行きは深夜でした。

2回目の海外にして、一人旅で緊張していたこともあり、喉がカラカラ。近くには売店もないし、見つけた自販機はカードで買える雰囲気があるものの、何度カードを突っ込んでも買えない。しまいには買えたもののフタを開けると勢いよく噴き出すわ、ぬるいわで踏んだり蹴ったりでした 苦笑

 

初回の海外の上海でも、その時はゴールドカードを一枚も持っていなかったので、カードラウンジすら入らずにひもじい思いをしながら飛行機を待ったのでした。

 

そんなエピソードがあって、ANAスターアライアンス・ゴールド。今年は訳あってJALワンワールドサファイアを取りました。

 

どうしてSFCとかJGCと言わないか?

それは海外でその権利を実感しているからです。もちろん国内の空港でのラウンジ利用も満足ですが、香港国際空港バンコクスワンナプーム空港、シンガポールチャンギ空港などで喉を潤したり、空腹を満たすだけでなく素晴らしいラウンジにお邪魔すると空港での待ち時間が とーっても楽しくなります(^^)

 

こうしていると金はかかるけど航空旅行という趣味もいいな。って感じます

 

広告でゲス