スポンサーリンク

有名シャンパンを常温で飲んでみた 〜先日の続報

スポンサーリンク

f:id:B737-800_2K:20170902094208j:plain

 

前回のおさらいから。。。

 

この週は「シャンパン飲みた〜い」と強く思っていました。

珍しくデパートが営業している時刻に仕事が終わったので銀座三越へ。 まず、シャンパンの栓を買うために地下の酒売り場へ。優しいお姉様に案内され、「お酒もいかがでしょう?」の言葉と、流暢な説明にお金を払う形でTATTINGERを買ってしまいました。

 

ここで問題なのは常温なのです。

しかし今晩飲みたい。、。、。、。

 

脳内会議しながら帰宅しました。

帰宅して、飲むことに。

 

せっかくなので、この機会に常温で二口ほど。

 

飲めたもんじゃぁ〜ありません。

筋肉のなくなった相撲取りのようにだら〜っとした感じで、悪態を吐くようなエグミまで強烈にやってきます。

 

さて、残りをどうするか?

しかし、「今日飲みたい」

 

そこで急冷することにしました。

方法はいたって簡単。

 

・グラスに氷をタップリ入れます。

・かき回してグラスに水滴がびっしり着くまで冷やします。

 ・もし、ここまでの過程で水が出てたら捨てます

 

☆ここでシャンパンを氷に当たるように静かにゆっくり注ぎます

 

マドラーでゆっくり5回転させたらできあがり。

 

これ、正確にはカクテルのジャンルに近いんですけど、モエの広告で氷入れを新しいの味方でアピールしているので、作り手としても許容範囲ではないかと思います。

 

さて、お味は。。。

キリッと冷えてイケメンな味になっていました。エグミはすっかり姿を消して代わりに優雅な後味が出てきました。

心配だった「薄まった感」はゼロですね。ただ、結構氷が溶けるので長く置くと水割りになるので気をつけてくださいね(^^)

 

これを応用すると「残念なスパークリング」の代表格の下の写真のスパークリングも美味しくなるんですね〜(^^)

その話はまた今度!

 

f:id:B737-800_2K:20170902094219j:plain

広告でゲス