スポンサーリンク

みんな大好き「GOZEN」が10/29からリニューアル

スポンサーリンク

 

 

f:id:B737-800_2K:20171002045736j:plain

ー写真はANAプレスリリース 第17-051号よりー

 

 

すでに8/23にANAからプレスリリースで発表されていますが、10/29よりプレミアムクラスで GOZEN がパワーアップします(たぶん、たぶん、、)

 

・朝食・昼食・夕食の時間帯において羽田発着の入部路線(羽田=伊丹・新千歳・福岡・那覇)のメニューを一新し、こだわりの器に盛り付けた、こだわりの機内食をお届けします。  

ANAプレスリリース 第17-051号よりー

 というわけで、「ANA弁当」と言われていたプラスチック弁当箱をぽんっ! という配膳スタイルから、(おそらく)JALの国内線ファーストクラスのようにお盆に乗せた状態でニッコリと配膳してくださるスタイルになる。と思います。

 

特に昼食(10:30 - 16:59)と夕食(17:00以降)の時間帯の食事の例は写真で紹介されていることから、眼でも舌でも味わえるものになることと、びーすりーは期待しています。

 

さて、ここまでは「知っているよ!」って内容です。

 

問題はSFC修行、ダイヤ修行のANA修行と組み合わせるにはどの路線が良いか?

 

もちろん「イチオシは羽田=那覇路線」ですよねー。

しかし土日は株主優待券を使っても予約が難しい路線。

 

では、最後の50,000ppとか1000,000pp(中には80,000ppという方もいますね!)への帳尻合わせで利用する場合のオススメ路線を考えます

 

オススメ路線は。。。。。

 

羽田=>新千歳路線

 

の一択です!

どうしてか?

 

これは飛行経路と経験からのお話なのですが、羽田→新千歳がいちばんシート着用サインが消えている時間が長い(可能性が高い)からです。

 

まず伊丹路線が消えます。羽田=伊丹 路線はJALでも「早食い競争」と揶揄されるとおりシートベルト着用サインが消えている時間がとても短く、3列目に座っていると10分以下の食事タイムとなってしまうのです。これでは GOZEN を楽しめません。

 ※食べる時間が短いのをANAも承知の上で献立を考えるので、適量だとは多います

 

次に消えるのは 羽田空港へ到着する便の 福岡→羽田と新千歳→羽田。福岡から羽田へ向かう時は静岡の南のあたりでシートベルト着用サインを点灯させて、伊豆大島上空で4チャイム(最終の着陸体制の合図)を鳴らすので、羽田→福岡よりも GOZEN を楽しむ時間が短くなってしまうのです。 同様に新千歳→羽田も茨城上空に差し掛かるとシートベルト着用サインが点灯することが多く羽田→新千歳に比べて時間が短くなってしまいます。

 

さて、イチオシの路線は?

 

イチオシの路線は「羽田→新千歳便」です。この便に人気が集まることと思います。

第一に福岡便より新千歳便の方がプレミアムクラスが満席になりにくくノンステータスの方でも当日アップグレードのチャンスがある。ということが一番の理由です。どんなに条件が良くてもチケットを入手できなければ意味がありません。

第二に飛行経路。「現行の」羽田→新千歳便は(様々な大人の事情で。。。」)離陸して急激に高度を上げていきます。そのために茨城・栃木上空に入るか入らないかくらいのところでシートベルト着用サインが消えて、客室乗務員(CA)さんが食事の準備にないれるのです。 準備が早く始まれば早く食べられる♡ とうことですね。そして新千歳空港への進入経路が北からの進入であれば(春〜秋に多い)青森県上空でシートベルト着用サインが点灯するので僅かの差ではありますが長い時間 GOZEN を愉しめる。ということになります。

 

 

とはいったものの、羽田発と伊丹・福岡・那覇・新千歳発で違う食事になるのと、おそらく伊丹・福岡・那覇・新千歳発は地元のケータリング会社が調理するので、沖縄発の便がどれだけ盛り返してくるか? 楽しみでもあります。 (私が担当者なら東京集中調理にしようと頑張ると思いますが。欠航時のオペレーションが複雑になるので現地のケータリング会社になるんでしょうね。。。頑張ってね。ロイヤルさん.....)

 

というわけで、10月のお楽しみGOZENがパワーアップする件でした

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

広告でゲス