スポンサーリンク

【修行僧の教科書】2017年JGC / JGP修行向け路線(回数修行編)

スポンサーリンク

f:id:B737-800_2K:20171029044557j:plain

 

 

以前、ANA修行(SFC修行・DIA修行)のオススメ路線を記事にしたところ。。。

 

www.b737-800.net

 

 

www.b737-800.net

  たくさんの方にご覧いただきました。ありがとうございます。

そして「JAL / JGC修行向けの路線も紹介してください!」という声もいただきました。そういえば、今年、僕はJGC修行をしたのでした。3月に解脱(完了)していたのでJAL修行のことをすっかり忘れていました。

 

という訳でJAL修行のオススメ路線の紹介です。

今回は回数修行の方向けです。

 

スポンサードリンク

 

 

 基準は片道1万円未満

今回のセレクトは片道(1区間)1万円未満で12/1から年末のチケットで。という条件で検索しました。検索してみると、僕がJGC修行で使用した路線がこの時期値上がりしていたり、観光のオフシーズンのために値下がりしていたりと季節変動があることを意識させられる内容となっています。

 

関東の定番 羽田=名古屋

まずは回数修行の定番路線。1日2往復しかない名古屋便ですが、羽田→名古屋→羽田と考えるとJAL209便(羽田19:00→名古屋20:00)とJAL208便(20:45→21:45)の組み合わせで「名古屋タッチ」ができます。しかも同一機材なので帰れなくなる心配もありません。19:00発なので仕事帰りに一往復という方も多かった路線です。週末の場合、昼の予定が終了してから搭乗できるのも魅力です。ただ、この路線は日によって値段が上下するので、調べてから発券(チケットを購入)することをお勧めします。

狙いは先得割引のの7900円ですが、特便割引1も9,300円と1万円未満なので、早くJGC修行を終わらせたい人には特便割引1もオススメです。 

 

f:id:B737-800_2K:20171029044721j:plain

f:id:B737-800_2K:20171029044729j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

関西の定番 伊丹=但馬

関東の定番が「羽田=名古屋」なら関西の定番は「伊丹=但馬」です。

この路線の魅力は先得割引で7100円、特便割引1で8100円という超お得価格だということです。JGC修行は50区間有償運賃で塔乗すればOKというルールなので、回数修行する方には安くて飛行時間が短い路線は魅力的な路線以外のなにものでもありません。

1日2往復するもよし、どちらか1往復搭乗して、半日は他の用事を足すことも十分可能です。

強いて難点を挙げると気候リスクです。気象条件によっては欠航することが結構多い路線なので、注意が必要です。

 

f:id:B737-800_2K:20171029045826j:plain

f:id:B737-800_2K:20171029045834j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

 

地方にもいい路線あります→函館=奥尻

地方路線にも目を向けて見ましょう。今回は函館=奥尻便を推薦します。おそらく私が見逃している路線があると思いますので イロイロ検索して見ましょう!

函館=奥尻は札幌・丘珠空港をベースとするHAC(北海道エアシステム)オペレーションの路線です。HAC路線は北海道のビジネス需要・離島路線として運行しているので片道1万円以上の路線がほとんどなのですが、函館=奥尻路線のみ1万円以下がほぼ通年見つかるので助かります。とはいえ、函館=奥尻路線は函館の人でないとまともに修行の役に立ちません。まあ、近くへ行った時についでに。といった感じでしょうか?

f:id:B737-800_2K:20171029050616j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

 

週末が安く・夜景が綺麗な 羽田=小松

これ、意外だったんですが、週末の羽田=小松が安いんですね。ANAJALによって値付けが全く異なるんですが、JALは週末の羽田=小松路線を28日以上前購入の先得割引では8390円で販売しているんですね。しかも終日!! ということは昨年年末に流行っていた「福岡=宮崎ピストン・ピストン!!」に変わって「羽田=小松ピストン」が流行りそうな予感です。魅力は安いのはもちろん機材がB737系とB767系なので席にある程度の余裕があるということですね。平日はビジネス需要があるのですが、週末は新幹線に顧客を取られてしまい苦戦していることが感じられます。地元路線の維持に貢献するためにも羽田=小松路線に塔乗しましよう!

 

f:id:B737-800_2K:20171029051209j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

 

回数修行のド定番 福岡=宮崎

昨年の年末、無視できない人数の方が《1日に何往復》も羽田=宮崎路線を利用しました。魅力は値段。28日前迄の先得割引を使えば1区間7600円で済ませることが可能になります。しかも一日中ほとんどの便で。福岡・宮崎ベースの人には美味しい路線ですが、それ以外の方はそこまで行く交通費をちゃんと計算した上でいきましょう。

 

f:id:B737-800_2K:20171029052229j:plain

 

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

新たな視点を! 羽田=伊丹

最後は羽田=伊丹路線です。はい、普通に搭乗するド定番です。しかも先得割引ですら1万円を超えてます。では、どうしてか? 実は週末の「羽田=地方路線を使って東京へ行きましょう!」または「東京から地方都市へ行ってみましょう」というお誘いです。僕は飛行機と空港が好きなのでストイックな修行も大歓迎なのですが、普通の方はそうではないと思います。11月・12月の2ヶ月で間に合うか?っていうのが問題ですが、JAL修行 JGC修行をより楽しいものにするために挑戦して見てはいかがでしょうか?

f:id:B737-800_2K:20171029052122j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

 

さいごに

回数修行ってマニアックな印象を受けますが、案外 苦労せずに終了できると感じています。ストイックな修行をされている方は稀で、たくさん塔乗していたら終了していたと感じる人も多いはずです。JAL修行のかたはFOP修行だけでなく回数修行も検討していただけたら幸いです

 

スポンサードリンク

 

 

広告でゲス