スポンサーリンク

【修行僧の教科書】2017年JGC / JGP修行向け路線(FOP修行編)

スポンサーリンク

f:id:B737-800_2K:20171030055235j:plain

前回はJAL回数修行(JGC / JGP)の話を書きました。

回数修行を書いたのは私が回数修行で今年JGCをとったから。ということが大きいですね。と、いうか「回数修行します!」と決めた瞬間からFOPをほとんど意識しなくなってしまうんですね。

今日は、第2回ということで「FOPでのJGC / JGP修行」のオススメ路線です。

 

=スポンサードリンク=

 

 

 

JALの上級会員(ステータスの確認)

f:id:B737-800_2K:20171030061128j:plain

 

JALのステータスの種類を整理しましょう

  • ・JMBダイヤモンド ・・・塔乗回数120回 OR 100,000ポイント
  • JGCプレミア・・・・・塔乗回数 80回 OR 80,000ポイント
  • ・JMBサファイア・・・・塔乗回数 50回 OR 50,000ポイント→JGC申し込み可能

が主な上級会員の種類です。クリスタルも上級会員ですが、ラウンジ利用ができないなどメリットが少ないのでここでは除外して考えています。

 

詳しく知りたい方は「JAL・ご登場の多いお客様へ」をご覧ください

www.jal.co.jp

 

=スポンサードリンク=

 

 

 

 

FLY ON ポイントの計算方法

JALの上級会員の尺度は塔乗回数とFLY ONポイント。JALのFLY ONポイントはお得なキャンペーンがANAに比べて多い分、少し複雑になってしまうのが特徴です。今日はなるべくシンプルに進めていきます。

さて、FLY ONポイントのシミュレーションサイトのリンクを貼ろうと思ったら、ANAと違って検索してもすぐに見つからない。もちろん、慣れたらすぐに見つけられるんですがね。下にリンクを貼っておきます。

JALマイレージバンク - マイル数(Pontaポイント)をしらべよう!

f:id:B737-800_2K:20171030061955j:plain

 

JALのシミュレーションのいいところは運賃種別(運賃1、運賃2)などの一覧表を検索のページに記載していることですね。慣れない人には嬉しい配慮です。

検索方法は条件を選択して「検索」ボタンを押すだけ。基本的なところはANAと同じ。しかし、JALは様々なキャンペーンがあり、今年は「400FLY ONポイントプレゼント キャンペーン」が結構難しい。400ポイント加算、200ポイント加算、0ポイント加算と3種類あって、どれが適用されるかが慣れないと難しい。ということ。注意しましょう。

 

JALマイレージバンク - FLY ON ポイントプレゼントキャンペーン

 

=スポンサードリンク=

 

 

 

FLY ONポイントはANAのプレミアムポイントと似ている

ANA修行(SFC修行)をしたことがある方は検索して行くうちに気づくと思うのですが、ANAJALでそんなに値は変わらない。ということ。両社ともに区間マイル数をベースにしているので当然といえば当然なんですが、、、

さらに航空運賃って同じ区間、時刻の場合はほぼ同じ運賃のことが多いのでANA修行をしたことがある方はその経験を活かせる場面が多いのも特徴です。

 

=スポンサードリンク=

 

 

 

 

 

路線=FLY ONポイント一覧表を作る

次は、検索、検索、検索、検索、検索、検索、の繰り返し。。。。。

そして表にまとめていきます。

こんな感じ。

 

f:id:B737-800_2K:20171030095123j:plain

 

=スポンサードリンク=

 

 

 

 

羽田=那覇ファーストクラスは考えない

机上の空論で「羽田=那覇のファーストクラスでJAL修行」というお話をよく聞きますが、羽田=那覇路線のファーストクラスはすぐに完売となり、当日のキャンセル待ちも優先的に割り当てられるダイヤモンド会員でもとれるか 取れないかの瀬戸際。といった具合なので過度の期待はしないようにしましょう。

よって、今回は羽田=那覇のファーストクラスは除外します。

 

=スポンサードリンク=

 

 

 

 400FLY ON ポイント プレゼントキャンペーンがあるものの

f:id:B737-800_2K:20171030100414j:plain

400FLY ONポイントプレゼントキャンペーンがあるものの、このキャンペーンって先得だとボーナスポイントが0ポイントなんですよ。JALのWEBサイトから切り出しますね。

f:id:B737-800_2K:20171030100603j:plain

上の表から、400ポイント獲得するには「特便」や「大人普通運賃」で航空券を購入する必要。ということになります。ちなみに「特便」の運賃種別だと、普通席でも2万円以上が普通なので「FOP単価10未満で」を基準にすると完全アウトなんですよ。つまりは「余裕を持って修行しろ!」ってことなのか?

だから、FOPの調査は「先得のFOP一覧表」だけでOK。

 

=スポンサードリンク=

 

 

 

 

さて、単価の良い路線を探しましょう

ここで FOP一覧表の復習です

f:id:B737-800_2K:20171030101004j:plain

 

この表の使い方なんですが、もちろん区間と運賃種別でのFOP一覧表がわかるのは一目瞭然なのですが、私が重要視しているのが「FOP単価10の値段がすぐわかる」ということなんです。

 

たとえば 羽田=新千歳を例にとります。

 

  • 羽田=新千歳、先得のFOPは766FOP
  • FOP単価10の航空運賃は 765FOP x 10 = 7660円

 

となるわけです。では「羽田=新千歳」で7650円以下の運賃を探しましょう!

12/4月・羽田=新千歳で検索

f:id:B737-800_2K:20171030102123j:plain

この表、好きな人(僕)は何時間見てても飽きないのですが、そうではない人にとっては(おそらく)頭が痛く、避けて通りたいもののひとつですね。。。

では見るべきところを赤線で囲いますね。

f:id:B737-800_2K:20171030102744j:plain

 

ここで、7660円未満の航空運賃を探すと。。。ないですね。

これは苦戦しそうな予感です。

 

=スポンサードリンク=

 

 

 

結局?沖縄にたどりつく

さがせど、さがせど良い価格の路線ってないんですよ。

最長路線の羽田=宮古とか、ビジネス路線のド定番の羽田=伊丹を探せどFOP単価10以下の路線はなかなか見つかりません。

結局、修行の定番 羽田=那覇にたどり着く。。。

f:id:B737-800_2K:20171030110549j:plain

 先得の普通席 9,990円や特便割引21の普通席 10,690円、同 クラスJ がFOP10未満となりそうです。

 

ここでFOP一覧表を再編集

f:id:B737-800_2K:20171030111905j:plain

 

同じ要領で復路も調べてみると、往復でのプランは

JAL921(羽田16:10 - 那覇19:10)  11690円 (特便・クラスJ 2072FOP)

JAL922(那覇20:50 - 羽田23:00) 9990円 (先得・普通席 1476FOP)

 が私が調べた範囲では一番効率が良かったです。

復路を翌朝にするとJAL904(那覇11:45 - 羽田13:55)にすると往路と同じFOP効率で往復することができますが、宿泊費やら滞在費がかかるのでどちらが得か微妙な線になることと思います。

 

残り期間が短いですが、参考になれば幸いです。

 

=スポンサードリンク=

 

 

 

広告でゲス