スポンサーリンク

【11月からの修行】オススメ路線紹介します PP単価 8.7

スポンサーリンク

出張で飛行機を多く使う方などはこの時期にあと少しで次のステータスなのに。。。という方が少なくないと思います。昨年の12月は「タレントさんが用もないのにオフの日に那覇往復を何度もしていた」という話も出たほどですね。

 

という訳で、11月からANA修行をする方向けのオススメ路線を何度かに分けて紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 やっぱり定番の羽田=那覇

今年の羽田=那覇はハッキリ言って狙い目です。運賃課の人が弱気になっていることが見受けられます。  

 

まず、プレミアム旅割28が適用される12/11羽田=那覇の運賃を検索してみましょう。

 

まず羽田ー那覇

f:id:B737-800_2K:20171108091047j:plain

 

次に那覇ー羽田

f:id:B737-800_2K:20171108091203j:plain

 

プレミアム旅割が24,990円が目立ちます。昨年のこの時期は28,800円〜32,800円位だったと記憶しています。昨年よりお買い得ですね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

プレミアムポイントを計算してみる

 

では、プレミアムポイントシミュレーターで獲得できるプレミアムポイントを計算して見ましょう。

 

f:id:B737-800_2K:20171108091508j:plain

 

片道 2,860プレミアムポイント

往復 5,720プレミアムポイント

ということになります。

 

スポサードリンク

 

 

 

PP単価(プレミアムポイント単価)を計算

では皆さんきになるPP単価を計算していきます。

 

24,990円 ➗ 2,860PP = 8.7

 

となり、ギリギリで国内線の割にはかなり良い値段だと思います。

ただ、週末が結構埋まっているんですよね。

午後に羽田から那覇へ飛んで、最終便で帰ってくる。という組み合わせなら今時点でなんとかいけそうですね。少し厳しいか?

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ワンポイント〜お得運賃を瞬時に見分ける

今回は 羽田=那覇 がプレミアム旅割で24,990円で2,860プレミアムポイント獲得ということになります。 1プレミアムポイントを得るための費用である「PP単価」を計算するのが一番正確な方法ではあるのですが、

「プレミアムポイント単価が10を下回るか?」

という点を分岐点として さらに調べるか否かを判断するのがオススメです。

 

具体的には。。。

 

  • プレミアム旅割28羽田=那覇のプレミアムポイントは片道2,860ポイント
  • プレミアム特割28羽田=沖縄の運賃は24,990円
  • もし、プレミアムポイント単価が10だとすると運賃は28,600円
  • 実際の運賃は24,990円とそれよりも安いのでプレミアムポイント単価は10未満でお得な路線である

という考え方ができます。

参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

広告でゲス