スポンサーリンク

久しぶりの発券〜修行に夢中になった時期に戻りたい

スポンサーリンク

久しぶりの発券です。

海外発券を始めると、コストパフォーマンスを重視する場合、自由度が低いために発券が次第にワンパターンに感じられて、次第に満足感が薄れていく。ミリオンマイラーとかFive Starを強く志をもってコツコツと搭乗できるなら話は別ですが、束縛されることが嫌いな私にとっては窮屈になってきました。

 

というわけで、久しぶりに国内線で思いっきり飛びます。

もちろん海外発券は続けますし、好きですよ。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 海外発券も楽しいのですが、物足りない感覚

今年は海外発券に挑戦してオセアニア、ヨーロッパ、東アジアの空港へ行ってみたのですが、1回の旅行で獲得するANAのプレミアムポイントはかなりのものですし、ビジネスクラスでの旅や、羽田空港のSUITE LOUNGEも素晴らしいのですが、国内線が恋しいなぁ。という気分がだんだん積もってきました。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

やっぱり国内線もね

そんな時、仕事の忙しさで疲れてしまいました。

忙しいとはいえ、週休2日はしっかりいただいていますので、気を取り直して発券。と考えた時に「(国内線を使った)修行のルーティングを考えるのはたのしかったなぁ」というのが真っ先に思い浮かぶのはわたしならでは。なのかもしれません。

私にとって修行といえばANA。その中でも国内線です。

今年は海外発券に絡め那覇タッチをしたり、オホーツク紋別流氷タッチは行いましたが、あまり国内線を飛んでいない印象が。。。(とはいえ、JGC回数修行したので、それだけで50フライトしているんですが)

羽田空港第2ターミナルのSUITE LOUNGEも大好きだし、久しぶりに福岡空港森伊蔵も呑みたい。できることなら今までに塔乗したことのない、思いつく人が少ない路線に塔乗したいという好奇心が湧いてきました。

 

スポンサードリンク

 

 

 

さて、今回の発券の目的地は新千歳

今回の目的地は新千歳にしました。

新千歳空港で鮨を食いたいなーってなんとなく感じて。あくまで気まぐれ。

それ以外はノープランで時刻表とにらめっこ。定番?の新千歳ー那覇もいいけど、サーターアンダギーというよりも和菓子な気分だし、新千歳ー岡山なんてワクワクするけど、岡山到着が20:35なので日帰りできないし。

という訳で、僕的には塔乗したことがないものの定番の新千歳ー福岡をベースに

 

 

羽田ー福岡ー新千歳ー福岡ー羽田

 

 

 というルーティング。

 見た目はきれいにまとまってるように見えるかもしれませんが、かなりのトラップを自ら設定することになりました。

 

スポンサードリンク

 

 

 

11月の新千歳で乗り継ぎ25分。もちろん別機材

今回、発券で一番迷ったのがここです。

乗り継ぎ25分。しかも11月の新千歳空港

「乗り継ぎ25分」ということは到着して、降りた時には塔乗が始まっています。B777なので、塔乗開始は20-30分前が通常オペレーション。鮨どころでも、ラウンジに入場することも難しいスケジュールでございます。(福岡から来て福岡から戻る。しかも乗り継ぎ25分なんてサイテー)グラウンドさんの冷たい視線は避けられないと覚悟です。

せめて同一機材だったら救われたのですが、Teitterで別機材だから要注意って教えていただいて、冷や汗かきかきの発券です。

 

スポンサードリンク

 

 

 

その代わり福岡で少し時間あり

新千歳で時間がない代わりに福岡では往路で1.5時間、復路で50分の時間があります。もし、干し柿のお菓子が販売されていたら買って帰りたいなぁと思っています。

そして、福岡空港といえば立ち呑みで森伊蔵が500円(たぶん)で飲めるのも楽しみにしています。あと、蒲鉾もベースとなる魚が私の生まれ故郷と違うので食感が違って、これも楽しみのひとつ。全部買っていたらお小遣いがなくなる勢いです。

あとは、ラウンジが楽しみですね。

 

さて、久しぶりの本気?の国内線。

今から搭乗日が楽しみです

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

広告でゲス