スポンサーリンク

ベストレート

スポンサーリンク

 

 

ベストレート保証。

どこのホテルのwebサイトでも見かける単語。

ほとんどの人は「最低価格とうたってもねぇ」と疑ってかかり、

またある人は「最低価格の交渉をしたことがあるけれど、ダメだった」と言い、

またある人は「次の旅行でもベストレートを勝ち取って得をしよう!」と意気込み、

またある人は「今週発表された裏技で安くお得に泊まってやろう!」と皮算用。

 

あと10分時間があるので、その裏側のお話。

 

麻生さん(仮名)は世界的ホテルチェーンのホテルの従業員。

麻生さんとは銀座のバーカウンターでご一緒した時に意気投合して、旅の話、飛行機の話、ホテルの話で盛り上がりました。その時の話題のひとつ。

 

土井さん(仮名)という有名なホテルマンのお話。

 

土井さんは世界でもあることで有名なホテルマン。

愛称は「スピード違反取締役」

土井さんの得意技はシステムの隙をついたり、ホテルマンやバックシステムの穴をついて不当に安く宿泊しようとする人たちを見破ること。

もちろん、一般的な最低価格保証とか、特別なお客様などについて文句をいうことではなく、様々なサイトでやりとりされている裏技的な手法を見つけて、折り合いをつけて正規の料金を支払ってもらうことを得意技としている。

他のホテルからも問い合わせが来るほどの情報網で最新の手口を見つけ出して、そのカスタマーと「話し合い」を毎日のように行なっている。

 

さて、そこで気になるのは彼の情報リソース。

実は、宿泊客と同じホテルマニアのサイトが情報リソース。

なので、にわかホテルオタクは土井さんと「お話し合い」をすることになる。という訳。

 

彼にはもうひとつの側面がある。

それは「旅行に関するお得な情報の宝庫」ということ。

彼は仕入れた情報を惜しみなく提供するフレンドリーな男なので、彼の元にはどんどん旅行に関する旅行があつまり、同僚だけでなく、彼のホテルの上顧客までもが「xx航空のファーストクラスで旅をしたいのだけれど、いい方法はないかい?」などと質問して来るほどの情報網となってしまった。

 

あまりにエグい、速度違反級の案件はすぐに穴が塞がれると共に、後味悪い経験を伴う恐れがあるということ。

 

おっと、雨が。

 

ANAのシステムメンテが終わる時刻になったので、このへんで

 

スポンサードリンク

 

 

広告でゲス