スポンサーリンク

【修行僧の教科書】修行中邪魔なコートの対処法

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

 

 

冬の時期のSFC修行・JGC修行フライト中、コートは邪魔な存在。

ANAプレミアムクラスやJALファーストクラスではコートを預かってくれるものの、那覇空港でコートを持って歩くのは正直言って結構しんどいです。

1・2階はコート預けプレイを体験するのもいいのですが、無駄で体積が大きいコートがあると飛行機に乗っていない時間にイライラしてしまうので要注意です。

 そんな冬のコート対策を。。。

 

空港でコートを預ける

国際線ターミナルでコートを預けるのを知っている人は多いと思いますが、羽田空港の第一、第二ターミナルでもコートを預けることができます。

手荷物預かり所 | 手荷物・宅配・郵便物 | サービス施設 | 羽田空港国内線旅客ターミナル

営業時間は6:00〜22:30なので、間に合わないという方は少ないはずです。

(羽田行きの最終便だと間に合わないかもしれませんので要注意です。手荷物預り所の閉店後となってしまい、コートがなくて寒い思いをしなくてはいけないので注意しましょう)

 

コインロッカーはいつでもOK

とはいえ、羽田ー那覇ー新千歳の三角飛びをしたり、始発便での出発や最終便で羽田空港へ到着の場合はコートを預けれなかったり、受け取れない心配をしなくてはいけません。そんな時はコインロッカーがおすすめです。

コインロッカー | 手荷物・宅配・郵便物 | サービス施設 | 羽田空港国内線旅客ターミナル

コインロッカーを利用時にはひとつコツがあります。

それは、「到着階のコインロッカーへコートなどの荷物を入れること」

羽田空港の場合、21:00を過ぎると到着便はありますが、出発便はほとんどないので 出発階の照明も薄暗く、警備員さんに不審者と間違えられるのではないか?と怯えながらコートのピックアップをすることになるからです。

面倒でも一旦到着階でコートをコインロッカーへ入れてから出発階へ移動しましょう。

 

それでは身軽になって楽しく修行を楽しんでください!

 

 

スポンサードリンク

 

広告でゲス