びーすりー のステータス修行日誌

ANA修行(SFC / DIAMOND)の記録。ラウンジ、航空、北海道関連のお話など

結構大事な飛行機の座席について

スポンサードリンク

 

——————————————————————

飛行の座席。

皆さん、どこを「希望しますか?」

・窓側

・通路側

が無難なところでしょうか?

 

通路側は搭乗も他の人に席を立ってもらわなくていいので気楽だし、降りるときも同じ列の最初に降りられるので万国共通の人気席です

 

一方、窓側は日本人には好まれるものの、欧米人で希望するのが少ないポジション。身体が大きいので、窓側のわずかな広いスペースで憩いを求める少数派はいますが、早く降りたいという観点から通路側 〉 窓側という傾向が見られます。アメリカ国内とか、EU圏内と考えると2時間超えは当たり前で、搭乗から降機まで2.5時間以上というフライトがほとんどなので早く降りられる通路側が人気の模様です。

冷静に考えると、上空は雲の上で単調な景色が続くだけで面白みに欠ける。というなのも 一つの要因かもしれません

 

真ん中を選ぶ人は滅多にいませんね。

大抵、真ん中席が最後に埋まることからも不人気ぶりが伺われます。

エアバス社は一部の機体で真ん中席を僅かですが広めにしている。との報道を見たことがありますが、窓側も通路側も横へエクストラのスペースがあるので快適さは真ん中の人より数段上。

難しいところです。

最近、増えてきましたが、旅行会社の格安(たぶん)パックツアーのお客さんは、旅行社と航空会社の取り決めで安く席を提供する代わりに当日空港で空いてる席を割り当てる。というのが定番となっています。よく不満そうな顔して真ん中席に座ってるカジュアルウエアの人達ですね(^^)

このように書きましたが、メリットがないわけではないのです。

・お年寄り

・乳幼児(トイレなど席を立たなくて良い場合)

・骨折など怪我をしてる人

これらの人はケースによっては真ん中席が有利です。真ん中席のメリットは

・事前改札で先に搭乗した場合、自分より内側の人が来たら立たなくてはいけないので、内側の席に座るのが有利

・降機の時も真ん中の席だと、周囲の人が先に降りるので、周囲が空いてからゆっくりと降りることができます。

考え方次第ですが、真ん中席にもメリットがゼロというわけではないのです。状況に応じて真ん中席も選択肢に入れることをおすすめします。

 

というわけで3パターンに分類してメリット・デメリットを列挙しました。

最終的には

・好み

・今回の搭乗の目的

・体調など体のコンディション

の3点で検討することになると思います。

まったく考えないで選択するより5秒でも考えて座席を選択するとフライトがより快適になるかもしれません。

 

参考になりましたら幸いです

 

 

—————————————————————— スポンサードリンク