びーすりー のステータス修行日誌

ANA修行(SFC / DIAMOND)の記録。ラウンジ、航空、北海道関連のお話など

JALクリスタル。って案外便利ですよ。な お話

スポンサードリンク

 

—————————————————————— スポンサードリンク

f:id:B737-800_2K:20181206171446p:plain

card

JAL修行での目標でサファイア=>JGCカード(クレカ)という方は多いと思います。

今日はその手前のクリスタルのお話。

 

JALクリスタルはone world ルビーのステータスを付与されるのです。

よくJALクリスタルやANAブロンズって無意味のような。というか意味不明。。。。

ってよく耳にするのですが、「案外クリスタル使えるじゃん!」

という私の友人の実体験のお話です。

この経験から友人は「JALクリスタル最強!」と言っております

 

(飛行機出張・海外赴任の)奥様!。最近旦那様の名前で航空会社から封筒が届いておりませんか? そんな奥様へおトクな情報です。

 

まず、JALクリスタルのwebサイトはこちら

JALマイレージバンク - JMBクリスタル:予約

 

こんかいの話題は「優先レーン」についてです

まずは公式の情報から

f:id:B737-800_2K:20181206172856p:plain

優先レーン

優先ライン - 優先セキュリティチェック、業界最高水準のロイヤルティ・プログラム

 

リンクを見ていただいたお客様には「?」となると思います。

優先レーンはone worldエメラルド会員、しかもブリティッシュ エアウエイズ(BA)もしくはイベリア航空のエメラルド会員しか優先レーンが使えないとあります。

 

まず、優先レーンとは、この場合、保安検査や空港によってはパスポートコントロールも一般レーンとは別レーンが準備されており、要する時間が大幅に短縮することができる海外旅行では嬉しいサービスです。

ちなみに検査内容としては建前上「同じ」レベルですが、ときどき設備に(うれしい)差がある場合があります。

 

「優先レーンがある場合には掲示板をよくみましょう!」

優先レーン。羽田空港 国際線ターミナルの場合はJALとかANAの上級会員でもJAL便、ANA便のチケットを持っていないと使わせてもらえません。夕方以降の混雑時には「優先レーンつかいたいよぉ。。。」と思いながら一般レーンに並ぶシーンをよく見かけます(わたしも3回程ことわられています・苦笑)

そんな優先レーンですが、one world公式ページではエメラルドでなければ使えないとの記載ですが、実際に海外の空港で掲示物を確認すると、JALクリスタルにあたるone world ルビーでも優先レーン使用可能であることをよく見かけるのです。

これ、とても嬉しいサービスなのです。

友人はイギリス ヒースロー空港ターミナル5での乗継(トランスファー)の時にパスポートコントロール=>(エスカレーター)=>保安検査にて乗り継ぎギリギリのところを優先レーンを使うことができたので、なんとか次の飛行機に間に合った。というエピソードを体験し、興奮しながら私に教えてくれました。

 

優先レーン、しかも利用客がとても多いヒースロー空港の保安検査は空いている時間帯がほとんどなく、2018年でも通過に1時間以上かかる日もよくある空港で、優先レーンは時間を1/3〜1/2に短縮してくれる嬉しいサービスのひとつ。友人が大興奮するのも無理がありません。

 

じつは友人は優先レーンのことは全く知らなかったのですが、到着が遅れてしまったので 私へ連絡が来たのです。ヒースローはダメなものはダメ。って言われてしまう空港なので見込み薄なのですが、

「時間短縮できるとしたらパスポートコントロールと保安検査しかないから、レーンの手前の空港係員の人へチケットとJALクリスタルを見せてみよう。それでもダメなら保安検査を通過してからチケットカウンターで相談しよう」

と提案しました。

 

すると、搭乗直前の友人から連絡が。
チケットとJALクリスタルのカードを見せたら、「お前、one worldルビーだから優先レーン使えるよ」と言われて急いで優先レーンを先へ進み、なんとか次の飛行機への乗り継ぎができたとのこと。

 

それ以来 友人は「クリスタル最高」と私に会うたびに連呼しております(苦笑

 

年末年始に 海外旅行の皆様、パートナーがルビーのステイタスでも優先レーンを使える場合があるので確認してみましょう!
(優先レーンの資格は本人のみだったり、随行者1名までのいずれかのケースが多いので、念のために確認の上で利用しましょう)

 

では。楽しい年末年始の旅になりますように(^^)

 

 

 

——————————————————————