びーすりー のステータス修行日誌

ANA修行(SFC / DIAMOND)の記録。ラウンジ、航空、北海道関連のお話など

【修行僧の教科書】北海道フライトをフライトに組み込む時のポイント(1)

スポンサードリンク

 

=

ANA修行僧にはおなじみの新千歳空港那覇をはじめとする北海道路線をANA修行に組み込んでいる方も少なくないと思います。

 

これは普通に仕事とかプライベートでのフライトにも参考になる話なのですが、冬の北海道フライトの注意点です。

 

・揺れます

冬のフライトは揺れます。とにかく揺れます。

偏西風が強い時期であること、青森以北で雪雲(積乱雲)が多く、そこへ向かって降下するので最後の15分〜20分はよく揺れます。ですから、座席にエチケット袋がなかったら客室乗務員さんにもらいましょう。

 

・席に着いたらエチケット袋の数を確認しましょうw

これ、ネタなんですが、極度に揺れる危険があるか否かって、飛行機に乗り込んで周囲5席の座席前ポケットのエチケット袋が複数ある席が多ければ揺れる可能性が高いと思った方がいいですね。

 

・遅れます

冬の北海道フライトは遅れます。ハンパなく遅れることもあります。新千歳空港は特に羽田からだけでなく、道内や、関西や福岡など西→東の移動を含むフライトもあるので遅れることが頻発します。

それ以上に新千歳空港の滑走路の除雪作業

 

新千歳空港脱出できないリスク

いま、新千歳空港で一番の問題は「新千歳空港から脱出できない問題」です。飛行機は定刻で飛んでるけど、JR北海道が「新千歳空港ー南千歳」の運行を諦める限界点がかなり早く訪れて、しかも復旧にかなり時間がかかるので、先日の地震の時も22時に地震があって、この区間だけ翌朝まで運休し120名が空港で夜を明かしたということがあります。

 

では、今週末も楽しくフライトを楽しんでくださいね(^^)/