A350とB777-300ERの微妙な価格関係

 

JALが導入したA350-900。(のちにA350-1000(長胴型)を導入予定)のお披露目ニュースを見た翌週、ANAB777-300ERのお披露目。と続々と新機材のニュース。

 

ところで、A350B777を比べるとA350って本来B787の対抗馬でB777の方が格上と思っていたのですが、カタログ価格を比べると意外な結果が。。。

 

A350-900  3億810万ドル(2016年)

A350-1000  3億5570万ドル(2016年)

B777-300ER 3億2000万ドル/3億7000万円(政府専用機・内装込)

 

A350B777の間の価格差が思ったより少ないように感じてしまいます。

A350-900、B777-300ERのどちらにも有利な点があり、どちらが劣るとか優るという訳ではないのですが、どうしてもA350-900とB777-300ERと言われてしまうと どうしてもB777-300ERの方が格上として見てしまいます。

 

JALとしては運行コストやメンテナンス性、これから20年先のことも考えての判断で1機目の導入。ANAB777の次世代機 導入に向けての「つなぎ」のための導入。
両社それぞれの事情がある今年の機材導入です。

 

ちなみにB777の次世代機B777-8が3億9490万ドル、B777-9は4億2580万ドル。

 

ま、考え方次第なのですが、航空機の価格からもいろいろなことを感じてしまった夜でした。

 

【旅行の安全】ホテルでの安全対策(ゴルゴ13x外務省 海外安全対策マニュアル(第6話)

 

これ、私も被害にあいそうになった話。

(しかも今思い出したら かなりの回数。。。アジアでもヨーロッパでもアメリカでも

 

ゴルゴ13x外務省 海外安全対策マニュアルの第6話

第6話はエピソードで、解説編で詳しい解説がありますので こちらも参考にしてください。特にこの第6話は海外のホテルで私が気をつけていることが全て紹介されています。

 

・旅行計画は「最初にホテルを予約してから交通機関等の予約をする」こと

・テロリスク、大規模イベントの開催中は極力さけること

・ホテルは価格を優先せずに高価でも安全重視で選択し、あらかじめ周囲の安全確認を行う。

・ホテルのチェックイン時は注意力が低下してしまうので、手荷物やカバンから目を話さない。

・フロントの滞在時間は最小限にする。

・部屋にスタッフらしい人が来ても自分が呼んだタイミングでなければ、入れない、もしくはフロントなどに照会する。

・貴重品、容易に換金可能なものは客室内の金庫に収納する

 

などなど。。。

この動画では日本人観光客(女性)がホテル従業員を装った男に部屋に押入られて、それから。。。。といった感じでゴルゴ13っぽさも第3話目あたりより増していて、この動画を最初に見ていただけたら「ゴルゴ13x外務省安全対策マニュアル」に興味を持っていただけるのでは? と思うほどです。

3話とも超がつくほどのオススメデス。

 

では、動画の紹介を・・・

 

最後は二人は恋に落ちることを期待してしまいますw


ゴルゴ13×外務省 海外安全対策マニュアル(第6話)

 

今回の解説は海外旅行のホテル対策の教科書として秀逸だと思います


ゴルゴ13×外務省 海外安全対策マニュアル 解説編(第6話)

 

そして今回だけ? 偉い人の真面目な解説もとってもためになります。

上から順に観ると意外とすんなり 見られると思います。まだ8000人弱しか見られていない秘密の(笑)情報ですので。。。


ゴルゴ13×外務省 安全対策マニュアル解説(第6話)

 

いかがでしたか?

夏休みの旅行の参考にしてくださいね(^^)/

 

Good day !

 

 

 

外務大臣はデューク東郷(ゴルゴ13)を雇っていた

 

今日は外務省がゴルゴ13を雇っていたという話。

しかも証拠VTR(?)がYouTubeで公開されているという話。

 

とはいっても暗殺工作のために雇ったのではないのですが。。。

 

まずは動画の紹介


ゴルゴ13×外務省 海外安全対策マニュアル(第1話)

 

外務省が海外安全対策マニュアルの一環として もともと 冊子で配布されているゴルゴ13とコラボレーションした冊子を広めようと動画を作成してYouTubeへ投稿したというもの。

どちらかというと日本企業、特に安全対策の専門部署が存在しないであろう中小企業の会社・会社員向けの啓蒙活動の一環として作成された模様。

特筆するべき点としては、外務大臣が公開された2018年時点での(2019年の今もですが)河野太郎 外務大臣そっくりの顔で、声の出演も河野太郎 外務大臣。かなりの力作なだけに外務大臣が交代した後にこの動画が存続できるのか否かが心配になってしまうほどです。

 

真面目な話、たびレジ とか、外務省のwebサイトとかなんですけれど、これ日系航空会社の機内エンターテイメントで放送したら邦人の安全に貢献できるのに。。。と感じました。

 

しかも、一般旅行者の人にも参考になる部分が散りばめられているのも興味深いです。

 

少しの間(もしかしたら時々)紹介していきます。

気が向いた回があったらご覧ください。

 

そして、外務省/MOFA がチャンネル登録2.9万人のYouTuberであることにも驚き(笑

さらにベットにいるゴルゴが登場しないというのにも驚き(実際には食事に誘ってフラれていましたw

 

Good day !

 

 

 

ANA利用 羽田田空港第2ターミナルでの乗り換え

日曜日。東京はあいにくの雨ですね。

雨の日のフライトは離陸後に上昇して雲の上へでたら青空と太陽光が気持ちよく感じるので、窓側の席の方は試してみてください。窓側でない方も、シートベルトサインが消灯したタイミングでトイレへ行きながらドア部分の小窓からの景色を楽しむのもアリかと思います。

 

さて、ANA利用の際、羽田空港にて乗り換えの方もいると思います。

羽田食う第二ターミナルでの乗り換えの話。です。

乗り慣れた人には当たり前の話ですが、知らない方も少なくないと思います。

第一ターミナル(JAL)は到着して、搭乗口へ行くだけでいいのですが、(これから飛行機に乗る人と 飛行機から降りた人が混じる状態)第二ターミナル(ANA)の場合は飛行機から降りた人と これから乗る人が混じらない構造です。なので、人の流れに身を任せて歩いて行くと制限エリアから出てしまい、搭乗階でもう一度保安検査を受けなくてはいけないのです。イコール、乗り換えに時間がかかり乗り遅れてしまいそうになることもあります。

 

ポイントは飛行機を降りて歩いて行くと

 

「乗り継ぎ」のサイン

 

が天井にありますので、それを探しながら歩いていきます。この天井のサインを見ながら歩く技は世界中の空港で共通の技ですので覚えておくとメンドクサイことに遭遇するリスクを低減できます。

 

「乗り継ぎ」のサインを見逃すこともあるでしょう。
もう一つのチェックポイントは

 

「階段を降りてはいけない」

 

ということ。羽田空港第2ターミナルはどちら側から来ても階段を降りたのちに手荷物を受け取る構造になっているのです。なので、ボーディングブリッジから降りて、室内の通路を歩いて、階段が見えたら、流れから離れて「乗り継ぎ」のサインを探しましょう

 

「バスの場合」

いわゆる「沖づけ」とも言いますが、飛行機からバスに乗ったり、飛行機から建物へ入ってバスで羽田空港第二ターミナルへ移動することがあります。国内線乗り継ぎで1時間以上その際は基本的にバスで第2ターミナルに到着してから 周囲を見渡し、わからない場合は地上係員さんに聞きましょう。バスを降りてからの方が地上係員さんが多いので。 

 

乗り継ぎが30分未満の時はちょっと微妙になります。

天候が悪い時や混雑時はバスの手配がつかずに遅くなることがあります。なので、離陸後の客室乗務員さんに余裕があるときに

 

「乗り継ぎがxx分しかないので不安なのですが、だいじょうぶでしょうか?」

という形でお話ししておくと努力してくれることが多いです。もちろん乗り継ぎ便を担当している地上係員さんが把握している場合も多いのですが、優先して降りられるように配慮していただける場合もあるので 軽くお話しすることをお勧めします。

 

乗り継ぎのチケットを別々で購入している場合は最初の出発時にチェックインカウンターや自動受付機近くの地上係員さんに相談しましょう。乗り継ぎの登録をしてくれる場合が多いです。他社便でもお話しして登録してもらった方がいいとおもいます。(過剰な期待は禁物ですが。。。)

 

ちょっと天候悪い週末ですが 良い空の旅になりますように(^^)/

 

本日の揺れ予報[羽田発 西方面

本日の揺れ予報。

西方面への離陸便が上昇中に少し大きめな揺れがありますが、雲の上に抜けてからは比較的安定しているようです

西からの到着便は紀伊半島南から西に向けての雨雲の影響で揺れが大きくなることが想定されます。ドリンクサービスはなるべく早くに飲むか、手から離さないようにしましょう。 トイレも早めに済ませましょう。特にお子様連れのかた

 

楽しいフライトにならますように(^^)

 

Good day !

在外邦人の方の帰国時に注意すること

 

そろそろ夏休み。

海外で暮らす外国人の方も帰国ラッシュの7ー10月です。

在外邦人の方の日本でのお楽しみの一つが。。。

 

 

免税でのショッピング♡

 

 

毎年 夏休み時期は海外赴任して初めての帰国する方も多いせいか、一時帰国での免税を巡ってトラブル談義を聞いたり、街中で見かけます。

 

しかし、在外邦人(本邦人・非居住者)に該当し「かつ」非居住者であることを証明できないと免税販売を受けることはできません。

パスポートに証印がないために在外邦人として免税でのショッピングを断られるのは監督省庁の指導によるものですので、店員さんを責めてはいけません。

 

これは国税庁消費税室 発行の輸入物品販売場制度に関するQ&Aにも記載されています。

 

輸入物品販売場制度に関するQ&A(平成30年6月 国税庁消費税室)

http://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/menzei/pdf/201806.pdf

 

では、本邦人・非居住者であることはどのように証明するのでしょうか?

それは。。。

 

「パスポートに上陸許可の証印が押印されていること」

 

これに尽きます。

簡単なことなのですが、日本の空港に到着してパスポートコントロールにて自動審査の時には審査後に審査場事務室の職員さんへ証印をお願いしなくてはなりません。事務室以外で証印を押してくれる場合もあります。

 

とっても大事な点は。。。

 

税関検査後の場合は証印をもらうことができない

 

ということ。

つまり、パスポートコントロールを通過して、手荷物を受け取り、税関を通過した後はパスポートに証印を押してもらうことができず、免税でのショッピングが難しくなりますので注意が必要です。

 

では、帰国のフライトが快適でありますように

 

Good day !

 

10時間のエコノミークラスでフライト後の疲労感を減らす方法

 

長距離フライト。ビジネスクラスならほしいものが ほぼほしい時に手に入るのですが、エコノミークラスだと「水ください」と思ってもギャレーのスナックタイムが始まるまでは好きなタイミングで水が飲めないのが現実(涙

 

私 えーすりー はエコノミークラスの時はいつも水分補給の(脳内)作戦会議を頻繁に開いてます。それは、水分摂取量が少ないと疲労感が強く、到着してからの活動に影響してしまうからです。

私の目安は10時間のフライトで2Lの水 1本と支給される300mlの水とギャレーのお茶。これを喉の渇きを感じない程度に水分摂取していくと到着後の疲れが最小限で済むのです。(個人的感想

しかし、保安検査後に2Lの水を購入できるお店は羽田空港にはなく、羽田空港発のエコノミークラスの時には500mlでも水を確保してから搭乗しています。

 

とおもっていたら。。。実は保安検査後に水2Lが手に入る空港もあるのです

それは最近流行り(?)である出国後(保安検査後)のコンビニの存在。私は成田空港と関西国際空港で利用しましたが、とても助かりました。2Lの水を前方足元に置いておき、軽い喉の渇きを感じたら少し飲む。寝ておきたら必ず 一口飲む。これを繰り返すと個人的な感想ですが、フライト後の疲労感が少なく済むのです。

 

水だけでは飽きてしまうので、ギャレーでスナックやお茶などの提供が始まったら1〜2時間に一度のペースでギャレーでお茶をいただきます。すると歩くことにより、脚にたまっている水分や鈍った血流も改善する効果が期待できるのです。

また、水分を多く摂ることにより、濃い味の機内食で多く摂取した塩分を体外へ排出する効果や、トイレへ行くために身体を動かす効果も期待できるのです。

 

よかったら参考にしてください。

 

Good day !