興味が失せる

 

ANAでたくさん飛行機に搭乗して、プラチナ ステータスになって、満を辞してSuper Flyers Cardを取得。しかしその後はTwitterでもアイコンを見負けなくなる方 多し。。。

 

そして自分自身もANAのダイヤモンドメンバーを3年間継続しましたが、様々な理由で飛行機から距離を置いたり、Twitterもご無沙汰していると、不思議と飛行機愛というか、機会があれば飛行機に搭乗したいという気分が失せるんです。これは自分でも予想していなかった気分。

 

 

しかし、飛行機に搭乗することへの異常なほどの愛は失せたものの、ヨーロッパまでの10時間前後の長時間フライトでは疲れを最小限にしたいために、ANAならビジネスクラス以上、JALならファーストクラスに搭乗したいという考えにかわっていきました。(側から見ると結局 お高い席で移動したいんかい! という状況は変わらず

 

愛が冷めると、途端に効率重視やコスパ重視に思考回路が変化するもので、ヨーロッパへ移動するときは、シェンゲン協定の運用が厳しい国はxxxなので、この国への直行便はなるべく避ける。とか、帰国時もxxxx空港は乗り換え時間が短いとか、xxxx空港はラウンジで気持ちよく過ごせるとか、xxxx空港からの便で帰国すると税関のチェックが厳しいから避ける。とか安全に、披露せず、楽に移動することしか今は考えていません。

 

ま、また飛行機愛が再燃したら、違った楽しみ方が始まることと思うのですが(^^)...

 

楽しんでいこうと思います。