びーすりーの飛行機日記

飛行機旅行のお話、トラブル対処の小技を紹介していきます。

A350とB777-300ERの微妙な価格関係

 

JALが導入したA350-900。(のちにA350-1000(長胴型)を導入予定)のお披露目ニュースを見た翌週、ANAB777-300ERのお披露目。と続々と新機材のニュース。

 

ところで、A350B777を比べるとA350って本来B787の対抗馬でB777の方が格上と思っていたのですが、カタログ価格を比べると意外な結果が。。。

 

A350-900  3億810万ドル(2016年)

A350-1000  3億5570万ドル(2016年)

B777-300ER 3億2000万ドル/3億7000万円(政府専用機・内装込)

 

A350B777の間の価格差が思ったより少ないように感じてしまいます。

A350-900、B777-300ERのどちらにも有利な点があり、どちらが劣るとか優るという訳ではないのですが、どうしてもA350-900とB777-300ERと言われてしまうと どうしてもB777-300ERの方が格上として見てしまいます。

 

JALとしては運行コストやメンテナンス性、これから20年先のことも考えての判断で1機目の導入。ANAB777の次世代機 導入に向けての「つなぎ」のための導入。
両社それぞれの事情がある今年の機材導入です。

 

ちなみにB777の次世代機B777-8が3億9490万ドル、B777-9は4億2580万ドル。

 

ま、考え方次第なのですが、航空機の価格からもいろいろなことを感じてしまった夜でした。